電話占いとは?歴史や対面占いとの違い


占いといえば手軽なものではテレビや雑誌などの一コーナーとしてやWebサイトに生年月日などを入力して占うもの、本格的なものであれば占いの館などに出向いて占い師に鑑定を依頼するというのが一般的に思い浮かぶ方法ではないかと思います。
そんな一般的な方法とは一味違う占い方法に電話占いがあります。

電話占いとは

電話占いとは、その名前から察することができる通り、電話を使った占い方法です。占い師と電話をすることで対面さながらの本格的な鑑定を受けることが可能です。
占いサイトなどは悩みにあったコンテンツを選択し、情報を入力することで占いが成立するものであり、本当に聞きたい内容と多少のずれが生じる場合も少なくありません。一方の電話占いでは自分自身の言葉で直接占い師に悩みを相談することができるため、より自分に合った結果を知ることができるでしょう。
電話占いは個人で行っている占い師もいますが、サービスの質や安心感などの面から考えると、電話占いサービスを生業としている業者を通して利用するのがおすすめです。業者が運営している電話占いサイトを経由することで、占い師本人に電話番号などを知られる心配がないなどのメリットがあります。
気になる占い師などから電話占いサイトを選び会員登録、鑑定依頼をして実際に電話をする、というのが基本的な流れとなっており、多くのサイトで初回数分間は無料で電話ができるといったキャンペーンを打ち出しています。料金が前払いの場合と後払いの場合があるため、自分のスタイルに合わせて選択する必要があるでしょう。

電話占いの歴史

電話占いが話題を集め始めたのは近年という印象があるかもしれませんが、実は歴史は古く、1990年代には電話占い専業業者がすでに誕生していたといわれています。しかし当時は携帯電話が普及していなかったため、自宅からのみという制約があったことも手伝ってあまり普及しませんでした。
2000年頃から携帯電話やインターネットが普及し、電話占いの注目度が高まったといわれています。その流れから、メール占いやチャット占いなど電話占いの派生のようなものも誕生しました。

電話占いと対面占いの違い

一般的な占い方法である対面占いと電話占いの違いは複数ありますが、その中で最も異なる部分というのが占う場所になります。対面占いは必ず占い師がいる場所に出向く必要がありますが、電話占いならばどこからでも利用することが可能です。自宅はもちろん、近所の公園や街中など場所を選ばずに占いをすることができるでしょう。どこからでも電話ができるということで、相談内容が人に聞かれたくないものであっても安心であるというのも魅力的です。また、対面占いの場合はコース設定など鑑定時間の制約がありますが、電話占いにはほぼないため、自分の都合に合わせて時間を調整することが可能です。
鑑定受付時間も違いの一つです。対面占いの場合は比較的早い時間に受付を締め切ってしまうことが多いですが、電話占いの場合は深夜帯など深い時間まで利用できることが多くなっています。中には24時間受け付けている場合もあるため、日中は仕事などで利用が難しいという方や、夜突然悩みが生じたという際にも重宝することでしょう。電話占いは予約や順番待ちをすることはもちろん、飛び込みで依頼することも可能です。
最後に押さえておきたい違いが支払い方法です。対面占いの場合現金とクレジットカードのみであることも少なくありませんが、電話占いはそれらに加えて電子マネーや銀行振込、キャリア決済など様々な方法を用意していることが多くなっています。後払いと先払いが選べることもあるため、利用しやすくなるでしょう。

気軽に利用できるのが魅力の電話占い

電話占いはその手軽さから依存しやすかったり時間の管理が難しいなどデメリットもありますが、気軽に本格的な占いに挑戦してみたいという場合にはおすすめできる方法です。
興味があるならば一度利用してみるのも良いでしょう。